お葬式と関わりが深い仏教について学ぼう

お葬式と関わりが深い仏教について学ぼう 日本人にとって、お葬式について深く考えることはすなわち、仏教について思いを馳せることでもあります。仏教の教えでは、秩序ある生活を通じて身体の健康を維持することが重要であると述べられています。仏教では、心と身体を分けることはできません。言い換えれば、身体の健康が保障されないかぎり精神的な健康はあり得ず、その逆もまた真実です。意外に知られていませんが、 挨拶はもともと仏教の言葉として広まりました。日常の生活の中でも、毎朝の挨拶は気分をリフレッシュさせ、普段は話していない人との交流のきっかけになります。毎朝挨拶をするだけで、相手について学ぶチャンスが増え、仏教的に言えば、余裕が広がった、ということになります。挨拶の重要なポイントは、肯定的な感情を与えることです。仏教が人と人をつなぐように、気は他の何よりも重要な位置を占めています。好意を持っている人には肯定的な心が与えられ、敵意を持った人には否定的な感情が与えられ、それらは目に見えない状態で相手に伝わると考えられています。仏教を深く学ぶことで、自分自身をコントロールすることができると教えられています。

仏教では誰もが自分を救うことができると教えていますが、残念なことに俗世間に暮らしているかぎり、必ずしも日々の幸福を感じながら生きることはできません。心身両方の状態が悪い状況では、私たちは絶望的になり、努力するためのエネルギーを失いますが、そのような時にこそ仏教の起源に戻り、「もう一度生き直してみよう」と強く思うことが大切です。仏教にかぎらず、すべての宗教は死後の世界を教えていますが、死後の世界について深く考えることはつまり、いかに生きるかについて自分なりに考えるということであり、その真摯な姿勢こそ、理想通りのお葬式をデザインするための近道であると考えられます。

宗教というと何やら堅苦しいイメージが拭えないかもしれませんが、日本人は無意識のうちにお葬式を通して仏教の影響を色濃く受けており、仏教の影響を完全に切り離すことはできません。断捨離などの言葉が仏教用語から広まったことからもわかるように、仏教のエッセンスは本来的に日本人の精神性と深くマッチしており、なおかつ現代の日本人にとっても違和感なくなじみやすい教えの本質が込められていると言えます。自分は無宗教であると信じ込んでいる人ほど、一度は仏教のエッセンスにふれてみてください。きっとお葬式についても、また違ったイメージでとらえられるはずです。

最新ニュース